参拝後は遊廓で“精進落とし”!?――そこに込められた深い意味

旅・街歩き 2018年8月20日掲載

〈生駒山宝山寺の精進落とし〉聖天通りの参道を示す「観光生駒」のアーチ。旅館街の入口にはイラストで描かれた宝山寺の地図看板があり、14軒の連絡先が記してある。参道の両側には旅館が軒を連ねているが、すでに廃業した旅館や別の業種に改装した建物も多く、現在営業中の旅館は4軒を残すのみだという