脱税1億3千万円! 3年で5億円を稼いだ「大阪城のたこ焼き屋」の肖像

社会週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • ブックマーク

たこ焼き屋のおばちゃんが3年で5億稼いだ「鉄板ネタ」(1/2)

 橋下徹氏が市長時代に民間に運営を委託したことで黒字化した大阪城公園。そんな改革の嵐を生き残り、このほど、経営者が1億3千万円の脱税で起訴されたたこ焼き屋。無期限の営業自粛が発表されたが、損のない「鉄板ネタ」で笑いが止まらないほど大儲けした経営者一族の“家族の肖像”。

 ***

 そのたこ焼き屋で働いていた若い衆は以前、こんなふうに語っていたという。

「梅や桜の季節は儲かって儲かってしゃあなかったな。一斗缶にお札をどんどん入れていったら溢れてもうて、足で踏みつけて、缶の中に押し込んでから持って帰ったもんや」

 時は移ろい、平成最後の夏。その店は相変わらず繁盛していた。梅の季節ではなく、花見シーズンでもなく、さらに、経営者が脱税で起訴されたばかりであるにもかかわらず――。

 そのたこ焼き屋、「宮本茶屋」は大阪城公園の中、天守閣に通じる桜門の前という絶好の場所にある。異例のコースを辿った台風が通り過ぎた後、店を覗いてみると、客が行列をなしていた。飛び交う言葉から推測するに、ほとんどが外国人観光客だ。店で売っているのは8個600円のたこ焼きだけではなく、うどん500円、ラーメン700円、ホットドッグ500円、生ビール600円、ソフトクリーム400円など。その日は酷暑だったためソフトクリームが飛ぶように売れていたが、たこ焼きを買って頬張る中国人観光客の姿も。おそらく、彼らは知らないのだろう。その店が「国税」に摘発されたばかりだという事実を。

〈たこ焼き店主が1・3億円脱税の疑い〉(NHK)

 そんなニュースが報じられたのは7月25日。この“たこ焼き店主”こそ宮本茶屋の経営者である宇都宮タツ子氏で、2014年から16年の3年間に5億円以上の売り上げがあったにもかかわらず、税務申告を一切していなかったという。大阪国税局は約1億3200万円を脱税したとしてタツ子氏を大阪地検に告発。後に彼女は在宅起訴された。脱税で得た金は主に預金され、脱税分はすでに納付したという。

次ページ:なぜ税金を払わなかったのかと言うと…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]