万事休すから“鼻に1発”! ツキノワグマからの生還劇

国内 社会 週刊新潮 2018年7月26日号掲載

  • ブックマーク

 振り払った手先がほんの数センチずれていれば、命を失っていてもおかしくはなかった。まさに絶体絶命からの生還劇である。

 コトが起こったのは今月11日の夕暮れ時。青森県弘前市相馬地区のリンゴ畑で枝切りをしていた40代男性の目の前を、子連れのツキノワグマが横切ったのだ。

 後に男性から通報を受けた弘前市役所相馬庁舎の職員によれば、

「現れたのは2頭の子グマとその親グマ1頭。親グマの体長はゆうに1メートルはあったそうです」

 のっそのっそと我が物顔でリンゴ畑を横切る3頭のクマ。男性と彼らとの距離は20メートルほどで、危険を感じた男性は息を殺して、クマが行きすぎるのを待ったという。しかし、

「運の悪いことに、振り向いた親グマと目が合ってしまったんだとか。次の瞬間、クマは男性に突進し、驚いた男性は逃げようとするも転倒。クマは男性にのしかかろうとしたのです」(同)

 親グマの荒々しい息遣いを間近に感じるほどの接近戦。万事休す、と思われたそのとき、

「男性が振り回した手が偶然にもクマの鼻を直撃。不意をつかれたか、親グマは子グマを連れて山の中に逃げて行ったのです」(同)

 幸いにも、男性は転倒した際に負った、腕のかすり傷のみで生還したのである。

 この男性に起こった“奇跡”について、酪農学園大学の佐藤喜和教授は、

「男性が襲われなかったのは鼻に手が当たったからではなく、親グマの突進がブラフチャージという威嚇目的のものだったからかもしれません。この場合、クマは対象の近くまで突進して、踵を返すことがあるのです。ただ、体毛に覆われていない鼻は敏感ですから、クマにとって触れられるのが嫌な部位ではあったでしょうね」

 ともあれ、助かって何よりである。