“数千万円”ロケットが4秒で落下… ホリエモン懐事情

社会週刊新潮 2018年7月12日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「今までにない失敗の形だった……」

 記者会見でホリエモンこと堀江貴文氏(45)が語った言葉が、その落胆ぶりを象徴している。何しろ、準備万端で打ち上げたロケットが、あっと言う間に鉄屑になってしまったのだから。6月30日、「インターステラテクノロジズ(以下IST)」が、北海道大樹町で打ち上げたロケット「MOMO2号機」が、わずか4秒で墜落してしまったのである。...

記事全文を読む