池袋に国際空港!? 地上で味わう“ファーストクラス”の旅!

ライフ週刊新潮 2018年7月5日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 時間がない、お金がない、体力がない、ついでに飛行機に乗る勇気もないという貴方へ。6千円ぽっきりで楽しめる極上の空の旅はいかがでしょうか。都内・池袋にいながらにして味わえる海外旅行ファーストクラスの旅――。

 JR山手線池袋駅から徒歩5分の雑居ビルの中に「ファーストエアラインズ」池袋国際空港はあります。入口でチェックインを済ませて“機内”へ進むと、フロアにはファーストクラス8席、ビジネスクラス4席。乗客が着席したところで、救命胴衣の着用方法などに関するCAさんの身振りを交えた説明が始まり、シートベルトを締めていざ出発。

 機内が薄暗くなり、エンジン音が聞こえてくるとともに振動がシートに伝わります。正面のモニターに世界の観光名所の映像が映し出され……。するとやにわにVRゴーグルが配られて、観光スポットの数々を360度見渡しながら、ナレーション入りで15分間楽しみます。そして窓の外の景色に見たてたプロジェクションマッピングを眺めながら、いよいよお待ちかね、機内食の登場です。「お飲み物はいかがなさいますか?」「はいワインで」などというやりとりの後、前菜、スープ、メイン、デザートをCAさんのサーブで。食事後は各人にタブレットが提供され、またまた映像の旅です。それやこれやで2時間弱。CAさんの態度はプロ並みです。阿部宏晃代表によれば、

「CAには大手航空会社の実際のCAの研修を受けさせています。シートはトルコ航空で実際に使われていたファーストクラスとビジネスクラスのもの。お客様は6割がた女性で、若いカップルも年配のご夫婦も多いです」

 乗客の感想はといえば、

「飛行機は苦手だけれど、これなら」

「足腰が弱いけれど、これなら」

 ずばり、はまっちゃいましたかも。