佳子さまご帰国の陰で… デリケートだった「眞子さま・小室母子」の秘密会談

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 秋篠宮家の次女・佳子さま(23)が留学先からご帰国――。そんな華やかな話題の陰で、長女の眞子さま(26)の周辺でも動きがみられた。何と、ご結婚が延期されたお相手の小室圭さん(26)の訪問を、ひそかに受けていたというのだ。それも今回は、異例の形で……。

 ***

 佳子さまが羽田空港のゲートにお姿を見せたのは、さる6月15日の午後だった。宮内庁担当記者が言う。

「ご到着後は宮邸でお着替えになると、ただちに皇居へ向かわれ、宮中三殿の賢所(かしこどころ)で帰国のご報告の参拝をなさいました」

 その翌日は、やはり宮中の皇霊殿で営まれた香淳皇后の例祭に、眞子さまとともにご参列。続けて、

「17日の午前中は、あらためて両陛下に帰国のご挨拶をするため御所に参内され、夕刻には、東宮御所で催された皇太子ご夫妻の銀婚式のお祝いの食事会に出席なさっています」(同)

 と、早くもご多忙の日々が始まっているのだ。

 佳子さまは昨年9月、留学先の英国に向けて出発され、世界各国から6千人以上の留学生を受け入れているというリーズ大において、パフォーマンス文化産業学科で舞台美術を学ばれていた。

「在学中は大学敷地内の学生寮にお住まいで、6月初旬には全てのカリキュラムを修了されました」(同)

 その間、3月下旬には、休暇を利用して留学生の友人とスペイン南部やポルトガルを旅行されたといい、

「9月からは、ICUの4年生に復学されます。今後は留学前と同じく、学業と並行してご公務をこなされる“二足のわらじ生活”に戻られるわけです」(同)

 学習院大を中退した佳子さまが、ICUに入学されたのは2015年4月。折からの「フィーバー」は鎮まることなく、若きプリンセスの一挙手一投足が連日、メディアを賑わせてきたのは記憶に新しい。

次ページ:〈姉は、何でも話すことのできる頼りになる存在〉

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]