そういえば、おまわりさんはどこから交番に現れるのだろう 警察官の“超リアルな日常”とは

社会2018年6月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 4月スタートの民放ドラマで、相変わらずの強さを見せたのがテレビ朝日の刑事ドラマ。「警視庁・捜査一課長シーズン3」「特捜9(ナイン)」「未解決の女 警視庁文書捜査官」、いずれも安定して2ケタの視聴率を稼ぎ、最終回を迎えたのである。

 人気の背景には、概ね一話完結で大団円を迎えるという安心感もあるだろう。また、一般の人たちはこの「業界」に強い関心を持っているから、という点も見逃せない。...

記事全文を読む