「横山ゆかりちゃん誘拐事件」は「連続殺人事件」のひとつなのか 犯人へのメッセージを父親が綴った

社会新潮45 2016年8月号掲載

 群馬県太田市で当時4歳だった横山ゆかりちゃんが行方不明になった事件から、20年が経つ。長年、この未解決事件を取材してきた日本テレビ報道局の清水潔氏が、「新潮45」に「犯人よ、聞いてくれ」を寄せている。

 ***

 事件の現場となったのは、家族で訪れたパチンコ店『P』。パチンコに興じる両親を店内で待っていたゆかりちゃんは、母親の耳元で「優しいおじちゃんがいる……」とささやいたのを最後に、姿が見えなくなった。

 この時、店内の音でよく聞き取れなかった母親は「ついていっちゃ、いけないよ」と注意し、ゆかりちゃんは店内の長イスの方へ向かって行ったという。

...

記事全文を読む