ハクスキノエへ行ってきました(古市憲寿)

社会週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「今度、ハクスキノエへ行くんです」。そう言うと、決まって誰からもきょとんとされた。「白村江」とは、古代日本(倭国(わこく))にとって最大の対外戦争の起こった場所。660年に滅んだ百済再興を手助けするため、663年に倭国がはるばる朝鮮半島まで出かけ、唐・新羅連合軍と戦ったのだ。いわば集団的自衛権を行使した参戦であった(しかし結果は大負け)。
...

記事全文を読む