「米朝首脳会談」水面下で続いていた北朝鮮の「サイバー攻撃」

国際Foresight 2018年6月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「韓国語が話せる? 大卒で米国民? あなたの能力はここで求められている」

 2017年11月、こんな求人がCIA(米中央情報局)の公式ツイッターでアップされた。この求人は、CIAで対北朝鮮の任務を担える人材を探すためのものだったが、米情報当局などはこの1年ほどの間、積極的に朝鮮情勢に関わる人員を増やしてきた。

 例えば、米国家情報長官室(ODNI)も、「コリア部長」を今年2月に募集。CIAでも昨年5月に開設されたコリア・ミッションセンターに他の部署から人材が集められていると報じられている。...

記事全文を読む