「言葉狩りをするくらいなら選択的夫婦別姓、同性婚を実現すべき」 言葉に敏感過ぎる現代社会(古市憲寿)連載

「座して待つだけが答えではない」 高齢化の進む能登半島の復興から学ぶこと(古市憲寿)連載

翻訳アプリの普及で外国語を学ぶ必要はなくなった? 一方、世間話や雑談に必要とされる「文脈依存的な知識」(古市憲寿)連載

「自分史アプリ」は将来的に化ける? 整理できないほどのデータを日々抱える現代人(古市憲寿)連載

「文春の人」はどうかお気を付けて 文藝春秋社内のスキャンダルを集めるグループも(古市憲寿)連載

「被災者はこういう気持ちだろう」という思い込みが生み出す「不謹慎狩り」 なぜ世界の紛争には触れないのか(古市憲寿)連載

2024年の干支は「甲辰」 前回は東京五輪、その前は日露戦争… 今年は何が起こる?(古市憲寿)連載

「俺、社長なんだけど…」 スマホを落としただけで「自分が自分である」証明ができなくなる問題(古市憲寿)連載

1人5万円以上のヴィーガンレストランがNYではやる理由 「秘密の部屋」で何が行われているのか(古市憲寿)連載

貴族に嫉妬する気持ちは今も昔も同じ? ネットニュースでバズる言葉「末路」「三田会」「タワマン」を読み解く(古市憲寿)連載

「貧乏になった」日本だが文化の水準は保っている? 高額のクラシックコンサートのチケット売り切れに一安心(古市憲寿)連載

奈良時代の人は派手好きだった? 夜間拝観の「下品なイルミネーション」は意外と正解か(古市憲寿)連載

『遠野物語』はたった5日の滞在で書かれた 偶然「民話の里」になった土地の現在(古市憲寿)連載

「少しの迷惑も許されない窮屈な社会になってきた」 渋谷ハロウィンの規制、エスカレーターの歩行禁止(古市憲寿)連載

「ハロウィンで渋谷に来ないで」渋谷区長の“まるで独裁者”な発言 ハロウィン歓迎派だった彼に何が起きた?(古市憲寿)連載