来るか“東京からハワイへ3時間半”の未来(古市憲寿)

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 楽しみにしている未来がある。超音速旅客機の再就航だ。超音速旅客機といえばコンコルドが有名だが、あまりの高コストや墜落事故の発生で2003年には退役に追い込まれてしまった。コンコルド時代は約3時間半で結ばれていたニューヨーク・ロンドン間も、今は約7時間かかる。人類は一度手に入れたはずのインフラを手放し、一時的に「退化」してしまったのだ。...

記事全文を読む