ドン・ファン幼妻が葬儀で叫んだ「夫の墓なんて守らないもん」 ルノワールもある50億円の遺産

社会週刊新潮 2018年6月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 被疑者不詳の殺人事件へと急展開した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件。一夜にして人生の支えを喪ってしまった幼妻Sさん(22)の心中や如何ばかりか。

 野崎氏の知人が言う。

「通夜は5月29日、葬儀は翌30日に営まれたのですが、Sさんは当初、自身が『喪主』であることの意味すら理解できていないようでした。愛する夫だというのに遺体に触れようともせず、葬儀では、用意された通りいっぺんの挨拶を二言三言述べただけ。火葬場では号泣していましたが、詰めかけたメディアに写真を撮られそうになると、素早くサングラスをかけて防ごうとする姿が目につきました」

 さらに、こんなやり取りもあったという。

「葬儀が終わって、周りの人がSさんに『これからは(野崎氏の)お墓をみていかないとね』と声を掛けたら、あっけらかんと『私、お墓なんて守らないもん』と言い放ったのです」

 こうした言動を見るにつけ、周囲はひたすら奇異に感じていたという。

 とはいえ、いまやSさんは総資産50億円の相続人である。

「野崎さんの、最も多い資産は不動産です。田辺市を中心に、隣の白浜町も含めて三十数物件を所有している。また、証券会社に約4億円を預けて株の運用もしているし、JAバンクには1億円が預金口座に入っている。さらに、自宅のリビングには、約5000万円の価値があるシャガールの風景画のほか、2億数千万円のルノワールの美人画も飾ってあります。でも、野崎さんは、“100歳まで生きるから遺書は書かない”と豪語していたのです」(同)

次ページ:今後の捜査は

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]