YOSHIKIに続け……X JAPAN「Toshl」がバラエティ番組進出で賛否両論

芸能 2018年6月11日掲載

  • ブックマーク

 X JAPANのYOSHIKIに続き、今度はToshl(52)がバラエティに引っ張りだこ。ただこの2人、同じバラエティというジャンルに出演しても、何かが違う――。

 ***

 今年(2018年)はX JAPANのギタリストHIDE(享年33)が亡くなって20年になる。それを記念したドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」(KADOKAWA)が、現在、公開中だ。

 時の流れは速いと思わざるを得ないが、そんな折、ドラムのYOSHIKIとボーカルのToshlがバラエティに引っ張りだこ。テレビ局幹部は言う。

「YOSHIKIの場合は、昨年(2017年)5月に頚椎椎間孔狭窄症の手術から復帰して、暮れ頃からバラエティ番組の出演が目立つようになりました。12月4日放送されたトークバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)を皮切りに、大晦日の『NHK紅白歌合戦』を挟んで、元日には『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)、1月9日には『マツコの知らない世界SP』(TBS系)、1月12日には『ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒』(フジテレビ系)などに出演して、主だったキー局を一気に制覇。他にもオファーは20本以上だったと聞きます。出演した番組はいずれも高視聴率で、本人の評判もよかったんです。X時代を知っているファンには暴れん坊のイメージでしょうが、それもなく、20年以上のロサンゼルス住まいを経てセレブになっていたかと思えば、意外にも気取りも嫌みもないキャラということが注目されたんです」

次ページ:意外なタレント力

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]