「新生児取り違え」で慟哭の母親を面会謝絶にする「順天堂大学」非情のメス

社会週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 たった一人、血のつながらない家族の中に置かれてきた子供(51)と、それを育ててきた母親(76)。腹を痛めた子供に「一目会いたい」と母親は痛切に訴えるが、新生児を取り違えた順天堂大学医学部附属順天堂医院は、ダンマリを決め込んだまま。この病院の“メス”は冷酷にすぎる。

 取り違えられた被害者の小林義之さん(仮名)は4月18日、すでに新聞各紙やテレビでも報じられているように、本誌(「週刊新潮」)編集部を通して、厚労相や日本医師会会長宛てに「要望書」を提出した。そこには、

〈私が7歳の時、親は病院に親子関係の確認を求めに行きました。その時の対応が悔やまれてなりません〉

 とある。小学校の血液検査で、義之さんが自分たち夫婦からは生まれ得ない血液型だと知った母親の恭子さん(仮名)は、順天堂を何度か訪ねたが、

「“シッシッ”という感じで、“浮気の子供じゃないか”とか、それはもうひどいことを言われました」

 恭子さんは4月26日号の本誌で、そう回想していた。続いて「要望書」には、

〈私は、育ての親・年老いた母を、このまま悔いを抱えたまま見送りたくないのです。せめて、心からの謝罪と、二度とこのようなことのないような医学界のシステムを万全のものにして頂きたいのです〉

 と書かれている。“加害者”の順天堂は、この問題を本誌が報じた後、ホームページに掲載した〈お知らせ〉で、被害者には〈ご了解して頂くことに至りました〉、取り違えられた相手方には〈お知らせしないことといたしました〉と一方的に発表したままだ。むろん、被害者の小林さんは、

「取り違えは私ともう一人との間で起きたのか、3人の間で入れ違った可能性はないのか、同じような取り違えはほかになかったのか、と疑念が湧いています。私以外にも表面化していない案件があるから、“相手の平穏な生活”を理由に隠ぺいしているのではないかと考えてしまいます」

 と語るように、〈ご了解〉などしていない。

 また、小林さんとの話し合いで「厚労省にも東京都にも報告するので隠ぺいにならない」と強弁し、金銭での解決に誘導した順天堂が、実は、この4月まで厚労省にも東京都にも報告していなかったことも、明らかになった。

次ページ:「ウソと隠ぺいばかり」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]