「新生児取り違え」被害者が明かす“順天堂からの恫喝” 〈守秘義務違反があった場合には…〉

社会週刊新潮 2018年4月19日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 人間五十年、下天(げてん)のうちをくらぶれば、夢幻(ゆめまぼろし)の如くなり――。織田信長が好んで演じたと伝えられる幸若舞「敦盛」の一節には、人の世の儚さが謳われているが、ただでさえ儚い50年を、血縁のない世界に置き去りにされ、周囲から爪弾きにされながら生きるとしたら、どうだろう。さながら生き地獄で、想像するだに身の毛がよだつ。...

記事全文を読む