ザギトワ、秋田犬「マサル」は家で飼わない 世話はスケート連盟が

スポーツ

  • ブックマーク

リンクの施設内

 現在、トレーニングのため故郷のイジェフスクを離れ、モスクワの2DKのアパートで祖母と2人で暮らすザギトワ。すでに猫と2匹のチンチラを飼っているというが、彼女にマサルの飼育は可能なのか。

「決まった時間に食事や散歩をさせるという生活のリズムが守れれば、彼女のような少女でも秋田犬を飼うのに問題はありません。散歩も大型犬だからといって時間を掛けなければならないわけでもなく、柴犬でも秋田犬でも同じ。30分も歩けば大丈夫です」(同)

 とはいえ、遠征などもある彼女の場合、とても規則正しくマサルの飼育が出来るとは思えないが、

「ロシアのフィギュアスケート連盟が全面的にマサルの面倒を見るそうです。自宅が手狭で飼えないのではという声もありましたが、犬舎は彼女が練習場として使うスケートリンクの施設内に作ると聞きました。所属クラブの子供やコーチにも可愛がってもらいたいと考えているようですから、犬にとっても良い育て方だと思います」(同)

 3月に行われた世界選手権では、五輪後に身長が3センチ伸びた影響でバランスを崩し、まさかの成績不振に終わったザギトワ。“マサル”を飼うことで、スランプから復活し、再び勝利を飾る日は来るか?

週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

ワイド特集「女は二度生まれる」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]