ザギトワ、秋田犬「マサル」は家で飼わない 世話はスケート連盟が

スポーツ週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 KGB上がりの筋骨隆々な大統領ならともかく、果たして華奢な姿の彼女に大型犬が飼えるのか心配だ。フィギュアスケートの女王、アリーナ・ザギトワ(15)。平昌五輪で金メダルを獲得したご褒美に秋田犬「マサル」が贈られることになったが、実は愛犬と一緒に暮らすわけではないという。いったい、ナゼ?

 そもそもザギトワに秋田犬が贈呈されることになったきっかけは、ロシア・フィギュアスケート連盟のサイトに、彼女が秋田犬を欲しがっているという記事が載ったことだった。

「その記事をウチの会員が見つけ、“喜んでいただけるなら贈呈します”と書き込んだのです」

 と語るのは、秋田犬保存会の会長で、代議士でもある遠藤敬氏。

「さらに、外務省を通じてロシア大使館経由で確認したところ、1週間ほどして本人が欲しがっているという正式な返事がきました」

 4月5日、アイスショー出演のために来日していた彼女の元を訪ね、5頭の秋田犬の写真を見せたところ、

「彼女は15分ほど写真を見て、赤毛の犬を選びました。スケートをしている時とは違って、ニコッと笑って、本当に犬が好きなんだなと感じましたね。10日に1度は、その犬の動画を撮って送る約束をし、先日もエサを食べている動画を送ったほどです」(同)

 雌犬なのに、気の早い彼女が“勝利”にちなんで「マサル」と名付けて話題にもなったが、5月3日に秋田県大館市で開かれる秋田犬の展覧会で、ようやくお披露目。6月上旬には彼女に引き渡される予定だという。

次ページ:リンクの施設内

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]