スルーされた「錦戸亮」ボコボコ事件 「瑛太」の酒グセの悪さは超有名

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 NHK大河のキャスト同士のトラブル、しかも有名俳優がジャニーズアイドルを暴行したとなれば、芸能ニュースのトップを飾る一大事件である。ところが、共に『西郷どん』に出演中の瑛太(35)が錦戸亮(33)に暴行を加えたという「FRIDAY」(講談社)のスクープは、完全にスルーされた。瑛太の酒グセの悪さは、業界では知られていて……。

 ***

 その後に“山口達也事件”が発覚したため、関心がそちらに流れてしまった、というのもある。とはいえ、4月20日発売の「FRIDAY」が掲載した記事「現場写真入手&ふたりを直撃 錦戸亮が瑛太にボコボコにされた午前2時」を、ワイドショーやスポーツ紙などのマスコミが追いかけなかった理由は、それだけではない。

「FRIDAY」の報道をおさらいしておくと、事件が起きたのは4月10日の午前2時すぎ。瑛太と錦戸を含む数人が、東京・恵比寿の会員制ラウンジに集っていた時のことだった。同誌は目撃者のコメントを以下のように紹介している。

〈「錦戸さんが中指を立て、『FUCK』のポーズを見せつけながら、瑛太さんをからかい始めたのです。すると、瑛太さんの表情がサーッと変わった。次の瞬間、いきなり瑛太さんが錦戸さんを拳で殴りつけたんです。そして、床に倒れ込んだ錦戸さんの上に馬乗りになり、殴り続けた。2発や3発ではありませんでした。錦戸さんは『やめてください! やめてください!』と抵抗していた」〉

 同誌の取材に瑛太の事務所は否定し、錦戸が所属するジャニーズ事務所は〈「何もお話しすることはございません」と回答〉……というのはお決まりだが、なぜこれをどこも報じなかったのか。

「瑛太は主演する公開の映画『友罪(ゆうざい)』(GAGA)の公開を5月25日に控えていますが、この作品は生田斗真(33)とW主演なんです。そして生田は、ジャニーズ所属……。ジャニーズは被害者の立場ではありますが、映画への悪影響を恐れて、“騒いでくれるな”と各社にお達しを出したと見るのが正解でしょう」(芸能ウォッチャー)

次ページ:木村カエラ同席の場で…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]