TDLでは“あわや大惨事”も… “偽造”告白モデルが語る「インスタ」の魔力

国内 社会

  • ブックマーク

「本当は独りぼっち」

 どうしてインスタはこうまで人々を狂わせるのか。

「写真を投稿するためだけに、新幹線で京都まで出掛けたこともあります」

 と明かすのは、東京ガールズコレクションなどで活躍するモデルの西上まなみさん。昨年4月、バラエティー番組で、自ら“インスタ偽造”を告白し、炎上騒ぎを起こした経験を持つ。

「本当は独りぼっちなのに、仲良しのお友達とランチしているように見せたい。それで、2人分のお洒落な食事をカフェで頼んで何度も投稿していました。けれど、1人で全部のご飯を黙々と食べている時が辛いというか、すごく虚しい気持ちになって……。インスタで自分を演出するのは皆やっていることで、あたり前だと割り切っていたのですが」

 結局は嘘の上塗りを重ねてしまったと話を継ぐ。

「憧れのモデルさんは、インスタにキラキラした写真をたくさん載せて、フォロワーや〈いいね!〉の数も多かった。だから、自分もその数を増やせば理想のモデルさんたちに近づける。そう信じて煌びやかな日常を演出するうち、本当に自分が友人に囲まれ充実した日々を過ごしているような錯覚を起こしていた。さすがに嘘をついたり、人に迷惑をかけるような投稿は反省していますが、インスタは止めません。私にとっては憧れの生活を現実にするための未来日記なんです」

次ページ:〈リア充アピール代行〉

前へ 1 2 3 4 次へ

[3/4ページ]