TDLでは“あわや大惨事”も… “偽造”告白モデルが語る「インスタ」の魔力

国内 社会

  • ブックマーク

ジェットコースターで撮影

 これまでも、園内ではインスタを巡るトラブルが絶えなかった。最近では、車を模したオブジェの前で、地べたに寝そべり轢かれたように見せるポーズが流行し、来園者の通行を妨げているとネット上で炎上した。

 さらに、である。最も危険な行為は、看板アトラクションであるスプラッシュ・マウンテンなどのジェットコースターで起きていた。

 言わずもがな、ジェットコースターに乗車しての撮影は規則で禁止されている。万が一、走行中に手に持っていたスマホやカメラが勢いで飛ばされ、周囲の人に当れば大惨事だ。むろん、撮影者自身がよいアングルを求めて身を乗り出せば、障害物と衝突する危険もある。

 にもかかわらず、インスタ映えすると人気のゴーコースターでは、前方に座った子どもを撮影しようと、無理な格好でスマホを手にする母親の姿が見られ、カメラで撮影している男性客が注意される一幕もあった。

「今まで事故はありませんが、撮影禁止の声掛けを徹底しております」(運営するオリエンタルランド広報)

次ページ:「本当は独りぼっち」

前へ 1 2 3 4 次へ

[2/4ページ]