“記録的不漁”に――夏のマドリード、鰻の稚魚を思う(作家・矢作俊彦)

文芸・マンガ週刊新潮 2017年8月17・24日夏季特大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

夏のマドリード、鰻の稚魚を思う

 1月14日付「産経新聞」によれば〈絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁〉と報じられている。漁獲量は前期のわずか100分の1とのことである。なぜこのような悲劇的珍現象が引き起こされたのか、作家・矢作俊彦氏はこう考える。週刊新潮の不定期連載「豚は太るか死ぬしかない」からの一編である。

 ***...

記事全文を読む