「あの子は私がいないとダメだから――」 52歳ひきこもりを支える81歳の母

社会週刊新潮 2017年11月30日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

日本を蝕む「中高年ひきこもり」――黒川祥子(下)

 日本全国に70万人がいると推測される、40歳以上のひきこもり人口。NPO法人「遊悠楽舎(ゆうゆうがくしゃ)」代表・明石紀久男氏も「ひきこもりの中高年齢化はもはや、全国どこにでも見られる現象です。都市とか地方とか関係なく、日本全国にそういう親子がいる」と指摘する。その実態に、ノンフィクション・ライターの黒川祥子さんが迫った。

 ***

 吉田和彦(52)=仮名=は関西の大学に進み、大学卒業後は就職せず、「勉強を続けたいから」と父から毎年300万の仕送りを受け、20代半ばから20年間、働くことなく遊んで暮らした。

 父は大手建設会社に勤務、300万の仕送りを続ける財力があった。父の死後、母の幸子(81)=仮名=だけでは仕送りを続けることができず、8年前に和彦は南関東の実家へ戻ってきた。 

 戻ってきた和彦は働こうとはせず、母に金の無心をするばかり。幸子は遺族年金だけでは要求に応えられないので、家を3000万で売って分譲マンションに移り、無心されれば渡してきたが限界がある。渡せないと言った途端、激昂した和彦が暴力を振るったのをきっかけに、幸子は初めて外部に助けを求めた。

 支援員は母・幸子には、息子から離れるために自分の居宅を用意すること、息子にはアパートを借りさせ、生活保護を取って就労支援の訓練を受け、仕事に就かせるという道筋を提示した。

 しかし、和彦は幸子がマンションから出て行くと、ベランダから大声で叫び、近隣からの苦情で幸子を戻そうとした。支援員が絶対に戻ってはいけないと再三、注意をしても、結局、幸子は戻って行った。

「だって、あの子は、私がいないとダメだから。それに電球を替えたり、いろいろ、やってくれるんですよ」

 母と息子の「密着」も、ひきこもり長期化にしばしば見られることだという。この母の息子への執着が、息子を自立に向かわせず、自分に依存させるように図らずも仕向けていた。

次ページ:70万円を4日で使い果たした息子

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]