シングルマザー「細川ふみえ」の今 20億借金元夫は再々婚

芸能 週刊新潮 2017年12月28日号掲載

  • ブックマーク

 夫婦が過ごした時間は止まっても、時計の針は動き続ける。細川ふみえ(46)が不動産会社社長の前夫と離婚して8年。別れた夫は、先日、別の女性と再々婚し、新たな人生をスタートさせた。一方、シングルマザーとして、一人息子を育てる彼女は、表舞台から遠ざかったまま。フーミン、いったいどうしてるのやら?

 細川がサイパンで挙式を行ったのは、2007年春。スポーツ紙記者によると、

「相手の不動産会社社長は、当時、妻との離婚が成立していなかったため重婚疑惑と騒がれ、その年の秋になって、正式に2人は結婚。長男を授かったが、2年後、夫の会社が20億円ともいわれる借金で傾いてしまったのです」

 細川と社長の婚姻関係にも僅か2年で終止符が打たれてしまった。そして、時は流れ、社長は別の女性と再々婚。先日、お披露目パーティーが開かれたという。

 出席者の1人によると、

「六本木のバーに30人ほどが集まりました。相手の女性は30代後半で、社長とは20年来の知り合い。以前はクラブのホステスでしたが、数年前からベビーシッターをし、最近、再会した。社長も借金を完済しました」

 まさに幸せの絶頂といったところだろうが、その一方で、細川はと言えば、3年前、バラエティ番組を中心に芸能活動を一時的に再開させたが、近頃はほとんど目にする機会がない。

次ページ:1人で精一杯

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]