「浅野忠信」父、過去にも逮捕歴… 覚醒剤常習者

芸能週刊新潮 2017年12月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 親の足を引っ張るドラ息子の存在は珍しくないが、子供の足を引っ張る親となればそうはいるまい。俳優・浅野忠信(44)の父が、覚醒剤を使用して逮捕された。間の悪いことに、息子が主演する刑事ドラマが放送される最中の逮捕劇だが、実は過去にも捕まった経験を持つ覚醒剤常習者だった。

 ***

 浅野の実父で所属事務所「アノレ」の社長・佐藤幸久(68)が、覚醒剤取締法違反で警視庁に捕まったのは、11月30日未明のこと。社会部記者によると、

「渋谷の道玄坂で職務質問を受けたところ、ズボンの中から覚醒剤の吸引に使ったとみられるガラスパイプが見つかりました。渋谷署内で尿検査を行ったところ、陽性反応が出たため、その場で逮捕となったのです」

 捕まってから5日後にテレビが報じて、ようやく表沙汰になったわけだが、

「約10年前にも覚醒剤による逮捕歴がある。その際も10年ほど前からの使用を供述していたというので、今に至るまで常習していたとなれば、20年来の愛用者ということになります。今回、実刑はほぼ免れないでしょう」(同)

 息子はドラマ「刑事ゆがみ」(フジ系)で、違法捜査も厭わない型破りな刑事を演じているが、実父はそれに引けを取らないほどのハミ出し者だったわけだ。

次ページ:ダボダボのズボン

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]