実は“読書家”東野幸治は「週刊誌愛」が高じて「週刊新潮」に連載開始

エンタメ 芸能 2017年12月19日掲載

  • ブックマーク

既に2冊の著作を上梓

 東野幸治氏(50)が最近、「読書家」の素顔をクローズアップされている。例えば11月16日には「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「本屋で読書芸人」第4弾に出演、豊富な読書量が話題を呼んだ。

 ***

 ちなみに番組内で東野氏が紹介した書籍は、番組の公式サイトに掲載されている。そのまま引用させて頂くと、

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)、『R帝国』(中村文則/中央公論新社)、『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎/新潮社)、『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる/新潮社)、『ボクたちはみんな大人になれなかった』(燃え殻・新潮社)、『明るい夜に出かけて』(佐藤多佳子/新潮社)、『19844年のUWF』(柳澤健・文藝春秋)、『紀州のドン・ファン―美女4000人に30億円を貢いだ男』(野崎幸助/講談社)、『全裸監督 村西とおる伝』(本橋信宏・太田出版)――といった顔ぶれ。

 立派なラインナップだが、そもそも東野氏は過去に小説とエッセイを上梓している。2000年の『泥の家族』(幻冬舎よしもと文庫)と、13年の『この間。』(東野コージ名義/ワニブックス)の2冊だ。そう考えると上記のセレクションも、書き手としては当然かもしれない。

 そんな東野氏は12月20日(水)発売予定の「週刊新潮」(新潮社)で、「この素晴らしき世界」の連載をスタートさせる。イラスト担当は、いがらしみきお氏(62)。東野氏は書籍だけでなく雑誌、それも週刊誌を長年にわたって愛読してきたという。東野氏の“週刊誌愛”の原点、そして連載執筆の経緯などについて話を訊いた。

次ページ:原点は「FF戦争」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/6ページ]