「仲見世商店街」の次は「三社祭」が標的! 銭争拡大「浅草寺」

国内 社会 週刊新潮 2017年11月30日号掲載

  • ブックマーク

「仲見世問題」で揺れる、東京、浅草「浅草寺」。しかし、寺が抱える地元との軋轢はそれにとどまらず、コトはあの「三社祭」にも及んでいるとか。これじゃぁまるで「銭争寺」――。

 浅草寺が店子の「仲見世商店街」に対し、家賃16倍アップを提示したのは9月のことである。

 この件、「寺の横暴だ」「いや元の家賃が安すぎる」などと論争が勃発。11月10日には、小池都知事が「東京の目玉であるので、うまく話がつけば」とコメントする騒ぎになった。

「でも両者の間で話がつくとは思えないんですよね」

 と言うのは、さる台東区の関係者である。

「お寺の実質的トップは、執事長の守山(雄順)さん。この方、“浅草を京都のような街にしたい”“静謐な街に”が口癖なんです」

 しかし、仲見世にしろ、ロック座にしろ、浅草は言わば、賑やかさ、ないしは猥雑さの中で歴史を刻んできた街。ミゾは大きく、

「街を歩けば、お寺への不満で溢れています」(同)

 と言うのである。

次ページ:“不動産屋になった”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]