SPEED離婚は無理!? 橋本健・元神戸市議vs妻の裁判闘争を専門家がシミュレーション

国内 政治 2017年9月29日掲載

  • ブックマーク

橋本氏の妻が法的措置“宣言”!?

 自民党の今井絵理子・参議院議員と、元神戸市議の橋本健氏の不倫問題で、情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)は9月17日、橋本氏の妻が作成したという書面について報道を行った。

 ***

 番組は書面の内容として、

《今井さんからは謝罪どころかなんのご連絡もありません。お子さんがおられると聞いていますが、自身の責任でこのような事態をどう考えて、どう責任を取るおつもりでしょうか。私としてもこのままで終わらせることは一切考えておりません》

などと紹介。妻側が、橋本氏と今井議員を提訴する可能性に触れた。

「週刊新潮」でも8月10日号の特集記事「『今井絵理子』と『不倫市議』は人として『一線を越えた!』」で、訴訟の可能性について報じている。離婚問題に詳しい、フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士の解説を再録させて頂く。

「夫との不貞行為が推認されますので、奥さんは今井さんを相手取って、精神的苦痛を与えられたことに対する損害賠償金、つまり、慰謝料を請求することも可能です。100万~300万円程度が相場でしょう」

 今井議員は「週刊新潮」の取材に、妻が離婚調停中であると橋本氏から聞いたと説明している。

「婚姻関係が破綻していたということと、別居中であるということとか、調停中であるというのを色々話しましたが」(デイリー新潮「今井絵理子『別居、離婚調停中と橋本さんから聞いた』」)

 橋本氏は「週刊新潮」の取材に対し「離婚調停は4~5年していた」と回答。しかし3日後に出した報道各社へのコメントでは「今年の3月から離婚調停を申し立てた」と異なる説明を行った。離婚や別居に関して、橋本氏が今井議員に嘘の説明を行っていた可能性があるが、裁判が現実のものとなれば、今井議員が本当に信じていたかが焦点となる。

「今井さんは、橋本さんの虚偽の破綻説明を受けて、それを信じてしまったと主張するでしょう。この裁判では、立証責任は奥さんにあります。とはいえ、『本当に橋本氏が離婚すると信じていたのか』という実質的な立証責任は、今井さんにあると考えられます」(同・田村弁護士)

次ページ:不倫をした夫や妻は、再婚後も不倫する

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]