実写版「銀魂」、中国で公開 “1万6000スクリーン”の威力

中国週刊新潮 2017年9月21日菊咲月増大号掲載

 日本では7月14日に公開され、興行収入が37億円、260万人超を動員してヒット中の実写版「銀魂」が、中国で封切られた。

 元々、空知英秋が「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画で、江戸時代末期を舞台にしているものの、開国を迫るのは黒船ではなく宇宙人で、携帯電話もテレビも出て来る……作者曰く、SF人情なんちゃって時代劇コメディーである。

...

記事全文を読む