4総理との談笑写真を公開、一族のブランドを見せつけたかった“フィクサー”

国内 政治

  • ブックマーク

 8月15日、森喜朗(80)、小泉純一郎(75)、麻生太郎(76)、そして安倍晋三総理(62)の面々が、山梨県鳴沢村の地で一堂に介した。日本財団の笹川陽平会長の別荘で行われた会食である。8月23日に笹川氏が自身のブログで公開した写真には、歴代4総理が笑顔で写っている。

 笹川氏の知人が言うには、

「安倍さんの祖父の岸信介さんと(笹川陽平氏の父)笹川良一さんは、『巣鴨プリズン仲間』。岸・安倍家と笹川家の付き合いは満州の時代にまで遡るんです。それほど深い関係だからか、陽平さんは他の政治家の悪口は言っても、晋三さんのことは絶対に悪く言いません」

 しかしその笹川氏を、こう揶揄するムキもある。

「往時、2兆円産業と言われた競艇での巨万の利益と、岸家などとの人脈を父親から受け継いだだけなのに、フィクサー然として振る舞っている」(自民党職員)

次ページ:「笹川ブランド」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]