EXILEにオスカー激怒…「武井咲」デキ婚はテロか暴発か

エンタメ 芸能 週刊新潮 2017年9月14日号掲載

  • ブックマーク

来年7月か10月に復帰

 別の関係者が後を受け、

「オスカーでは、現場のマネージャーが武井のドライバーを兼ねることになっている。1人だと事故を起こしかねないということで、武井に対して現場マネが3人もつくという状態もありました。とはいえ、武井の方を増やすことなんてできませんから、激務であることに変りはない。妊娠しか逃げる方法はないと思っていたのかもしれません」

 武井からのデキ婚報告は今から2週間ほど前にもたらされたが、事務所は上を下への大騒ぎだったという。

 ここで、当のオスカー関係者に聞くと、その顔には「困ったなぁ」と明らかに書いてある。

「確かに複雑ですよ。『黒革』で好評を得ているタイミングでね……。妊娠していたこともあり、オスカーの古賀社長と相手事務所のHIROさんとのトップ会談の場が設けられ、HIROさんが頭を下げた。2トップの関係はもともと悪くないので、揉めたりってことはないけれど、古賀さんははらわたが煮えくり返っていることでしょう」

 過密スケジュールについても質したところ、

「米倉(涼子)も上戸(彩)も、それを経験して大女優になっている。忙しさに心が折れたらそれまで。武井が多忙な日々に苦しんでいたみたいですが、スターになるには生半可じゃダメだってことでしょうね。今回の件でダメになったドラマやCMもあるから、彼女とも“出産したら頑張ろう”という話でまとまっていて、来年7月か10月クールからは仕事復帰する方向のようです」

 いかにも早い復帰は、テロの代償が高くついた一つの証明になる。 

ワイド特集「秋の鹿は笛に寄る」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]