安倍総理の本音を暴露…「田舎のプロレス」発言の側近

政治週刊新潮 2017年3月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

■「謝っちゃダメ」

 そして萩生田氏は、このウソ謝罪に至るまでに、安倍総理との間で驚くべきやり取りがあったことまで続けて明かしたのだ。

「(田舎のプロレス発言によって)国会審議が止まってしまったらご迷惑を掛けるので、謝罪して撤回しようと決めたんです。そうしたら、安倍総理から電話が来て『萩生田くん、あんなの謝っちゃダメだよ。何も間違っていない』と言うんです。私は『(官邸内で国会運営を担当する)官房副長官ですからそうはいきません』と言ったんです」

 当時、安倍総理は衆院厚生労働委員会で、

「萩生田副長官においては、これからも副長官として、緊張感をもって仕事にあたってもらいたい」

 と述べ、萩生田氏の「ミス」を認めていた。しかし、それも本心ではなかったと、萩生田氏は漏らしてしまったのだ。ウソその2である。

 官房副長官が暴露した、自身と総理のウソ。萩生田氏に改めて見解を尋ねると、

「そんな大袈裟なことじゃないですよ」

 え、ウソっ。野党に対しても、そう開き直るつもりなのだろうか。また謝罪に追い込まれなければいいのだが……。

 萩生田、ホラを吹く長官。

ワイド特集「春の嵐おさまらず」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]