中学生“野球少女”、完封勝利の偉業を達成

野球週刊新潮 2017年3月9日号掲載

 漫画家の水島新司が『野球狂の詩』で描いた、女性初のプロ野球選手“水原勇気”ではないが、プロ顔負けの偉業を成し遂げた“野球少女”の誕生である。

 その試合が行われたのは、2月26日。第47回静岡県中学選抜野球大会の準々決勝、長泉町立長泉中学と熱海市立熱海中学による一戦での出来事だった。

 地元記者によれば、

「長泉中学のピッチャーで、身長160センチほどの中学2年生の女の子が完封試合を達成したのです。4回に1安打、7回には2死二、三塁のピンチに追い込まれたのですが、主将でキャッチャーのリードに救われて打ち取った。

...

記事全文を読む