史上最弱の侍ジャパン…WBC「不吉なシナリオ」

野球週刊新潮 2017年1月19日号掲載

 優勝、優勝、そして準決勝敗退……というのが、我らが侍ジャパンのWBC戦績である。

 今春開催される第4回大会はどうなるのか。大谷翔平が耳目を集め、“アメリカのファンに目にもの見せてやれ”とばかり我が国のマスコミもファンも胸を膨らませているのだが、

「今回の“侍”は明らかに史上最弱。優勝はおろか、決勝ラウンドが行われるアメリカにすら渡れないかもしれない、というのが現場の率直な見解なんです」

 とスポーツ紙デスクが警鐘を鳴らす。

 たしかに、昨年11月の強化試合からして酷かった。

...

記事全文を読む