“パー27”ミニゴルフ、日本にも拡まるか

スポーツ週刊新潮 2017年3月2日号掲載

 18ホールを回るのは、体力的に辛い。仕方なく公園のグラウンド・ゴルフで気分だけ味わっている、なんていう往年のゴルファーには、打って付けだ。

 ホールは通常の半分の9ホールで、いずれもパー3の100ヤード以内と、短いのが特徴の「ピッチ&パット」。1867年に英国で発祥と歴史は古いのだが、日本では馴染みが薄かった。そこで、昨年11月に、ゴルフの“総本山”として知られる英国「R&A」公認の「日本ピッチ&パット協会」が誕生。今後は、広く普及に乗り出すという。

...

記事全文を読む