野に放たれる「殺人認知症ドライバー」 免許再交付の可能性も

社会週刊新潮 2017年3月2日号掲載

 アテもなく彷徨(さまよ)う徘徊老人が、凶器と化した車のハンドルを握る――。そんな椿事が思わぬ展開を見せた。事故を起こして子供の命を奪った容疑者が、逮捕されるも処分保留で野に放たれたのだ。今後、不起訴となれば、再び公道を走ることも赦されてしまうという。

 ***

〈起訴するに足りる証拠がないので釈放する〉。2月16日、横浜地検が下した決定に、唖然としたのは被害者家族だけではあるまい。

 昨年10月28日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された合田(ごうだ)政市容疑者(88)は、神奈川県横浜市内で軽トラックを運転中、登校中の小学生の列に突っ込む事故を起こす。

...

記事全文を読む