認知症ドライバーが起こした死亡事故、不起訴のケースも 来年の法改正でも「機能するか疑問」

社会週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 相次ぐ高齢ドライバーによる重大事故。11月12日には東京・立川市で83歳の女性が歩行中の男女を撥ね殺したほか、10月28日には横浜市で認知症の疑いのある87歳男性が集団登校中の小学生の列に突っ込み、6歳の男児が死亡、7人が怪我を負った。

 加齢に伴い、高齢ドライバーの運動能力や判断能力は低下するが、日本の運転免許システムは、そうした人々にも免許の更新を約束する。75歳以上のドライバーが更新時に課される認知機能検査で「認知症のおそれ」との結果が出たとしても、事故や違反を起こし、医師の診断を受けて初めて免許取消となるのだ。

...

記事全文を読む