相次ぐ80代ドライバーの事故 「認知症のおそれ」でも免許更新可、家族の申し出でも取り上げられず

社会週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 ピーク時の年間約100万件から半分近くに減った交通事故。飲酒運転の厳罰化など、様々な取組の成果だが、それに逆行して急増したのは、高齢者が“加害者”となるそれだ。この秋も死亡事故が続出。今や「80代ドライバー」の愛車は、「走る凶器」と化している。

 ***

 新聞の見出しとは読者の目を引くのが第一の目的だ。どれだけ世間の“空気”をすくい取れるか、その上で独自の視点を加味できるか、が腕の見せ所なのだが――。

〈また高齢者事故 2人死亡〉(11月13日付読売)

...

記事全文を読む