「清水富美加」出家の全経緯 “奴隷契約”“教義に反する映画出演”の真相は

芸能週刊新潮 2017年2月23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2017年2月12日、22歳の人気女優・清水富美加が宗教団体「幸福の科学」に出家するというニュースが世間を驚かせた。

 事の発端は1月19日午後のことである。事情をよく知る関係者が打ち明ける。

「教団のホームページに、『女優・清水富美加の可能性』と題した動画がアップされたことについて、マネージャーが、“何か知っている?”と聞いてみたんです。富美加に聞いてもわからないだろうなと思いながら」

 実際、その内容を収録した書籍にあたると、こんなやりとりが交わされている。清水富美加守護霊として登場する清水は、

〈(自分は)「千手観音」の役割なんです。それを持ってることは持ってる〉

 これに対して大川総裁は、

〈「本質的には、千手観音的な機能を持っておられる方であった」というのが今日の発見〉

 と大いに評価していた。

「神社を建ててもらうくらいのレベル」

 改めて関係者の話に戻ると、

「そしたら“はい……父親から、そういう動画が出るって聞いていました”と言うからビックリしたそうです」

 短くて長い30秒が流れ、言葉を呑むばかりのマネージャーに清水はこう伝えた。

「父親が信者で。私も子供のときからそうでした。幸福の科学って現代の仏教みたいなものなんです」

 女優は淡々と仕事をこなすなかで、例えばそのあと周囲にこんな内容のことを語っている。

〈あの動画のなかで大川総裁に、私自身の守護霊と話してもらったことがとても嬉しかった。それは普通の人間ならば神社を建ててもらうくらいのレベルなんですよ。あと、これまではホテルを予約してもらうときに角部屋を避けてくださいと言ってきましたが、実はそこで寝るのが教えに反していたからなんです〉

 それまで彼女は、「人と人のあいだじゃないと眠れない」と弁明していたという。

「幸福の科学に出家したい」

 そして迎えた27日、オフではあったが、次の日の仕事のため、大阪へ前乗りする本人から、

「明日話したいことがある」

 とマネージャーは連絡を受け、翌日にそれを質したところ、

「あ、そうだ。いけない……。目黒までちょっと一緒に来てくれませんか」

 と表情に暗い影が差したという。

 事務所で打ち明け話があるのかと思ったところ、清水は目黒のホテルに同道を促す。そこでは2人の見知らぬ男性弁護士が待ち構えており、都合4人がスイートルームへ身体を滑り込ませるように入ったのである。

 女優はこう言った。

「幸福の科学に出家したいと思いますので、(満了の)5月20日をもって契約を終了させてください」

 今度は、部屋の窓が曇るくらいのため息を吐き出してマネージャーが説得を試みる。

「えっ、どうしてなの。だって一緒に夢を追いかけようって言ったじゃない。富美加はお芝居のことが絶対好きだから。辞めたいなんて嘘だから。やりたくない仕事はやらなくてもいいんだよ。両立していけばいいじゃない」

 女優は涙ながらにこう訴える。

「嘘じゃありません。でもそれを上回る大事なことが見つかってしまったんです。両立はできないんです」

 明けて29日、マネージャーは昨日の出来事を所属事務所の社長に報告すると同時に、いずれも幸福の信者である清水の両親に架電。母の方は、

「一昨日来たときは“仕事頑張る”って言っていたんだからそんなはずはない。ちょっと待ってください」

 と言ったものの、本人に確認したのちにこんな返事が来たのだった。

「信仰を優先させたいと言うし、これ以上は説得できない」

 これまでも急展開ではあったが、ここから更に事態は加速していくのである。

次ページ:“奴隷契約”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]