荒川博氏逝去 王貞治の一本足を作り上げた異常な練習

野球週刊新潮 2016年12月15日号掲載

「1人ではなかなか行けない境地を教えてもらった」。恩師の訃報に接した王貞治氏(76)のコメントだ。12月4日に心不全のため死去したのは、王氏の一本足打法の生みの親で、プロ野球巨人の元打撃コーチ、荒川博氏。享年86。王氏をかの境地へと導いたもの、それは荒川氏による、異常とも言える練習の数々であった。

 ***

「しんどい思い出しかない。朝昼晩バットばかり振った。手、足から血が出た」

 猛特訓の日々についてそう振り返った王氏が荒川氏に初めて会ったのは、中学2年の時。

...

記事全文を読む