風邪の予防に、1日1回の大笑い――泣く、怒るも効果的 「免疫力」を高める科学的方法

食・暮らし週刊新潮 2016年11月17日号掲載

「体温を上げる」「乳酸菌をとる」といった、ちょっとした生活習慣の工夫によって、あなたの身体をウイルスから防ぐ「免疫力」は高まる。熱を作り出す器官である筋肉をつけることも重要だが、アスリートのような過度な運動は逆効果。順天堂大学准教授の竹田和由氏(免疫学)は、「一応の目安としては心拍数100くらい」の適度な運動が良いと説く。

 日本医科大学付属病院の医師、李卿氏は、運動についてこんな方法を提唱する。

「森林浴をお勧めしたい。私自身、森林医学研究会の代表世話人で、4時間くらいかけて森の中をゆっくり歩くのです。

...

記事全文を読む