トランプが敷く厳重警護 300名24時間体制のSP

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 これだけ反発の多い新大統領である。早くも「暗殺の時が来た」と、ツイッターで呟く者も現れた。

「私は1998年からトランプを取材し、友人としても付き合っています」

 こう話すのは、かつて「ワシントン・ポスト」などに在籍したジャーナリストのR・ケスラー氏(72)。

「彼にはそれ以前からボディーガードがいたが、十分ではなかった。そこで昨年の8月頃から、彼に個人的な警備を付けるよう促した。結局、11月からコードネーム『Mogul』と呼ばれる20名の私的なSPを付けたのです」

...

記事全文を読む