トランプを支えるタカ派の面々 “北朝鮮に拠点爆撃”主張者も

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 オバマ政権は軍事力の行使を嫌い、財政赤字を抑えるため軍事費を減らした。それに対し、トランプ政権は「強いアメリカ」を目指すという。産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏は、

「政権移行チームには、防衛、対テロ、インテリジェンスの専門家が集まっています。ただ、安全保障分野の専門家で、知日派として知られるマイケル・グリーンやリチャード・アーミテージは政権入りしない可能性が高い。とはいえ、アジアの専門家は他にもいます。では、どんな人の名前が挙がっているかというと、実はけっこうタカ派が多いんです」

...

記事全文を読む