東証1部「トランプ銘柄」は大丈夫か? 値上がり期待の銘柄は

ビジネス週刊新潮 2016年12月1日号掲載

 相場格言に曰く、〈天災は買い向かえ〉。突発的な出来事によって株価が急落しても、絶好の押し目とみて買い進めるべし、というワケである。実際、トランプショックで一時は1000円超の値下がりに見舞われた日経平均株価は、あれよという間に持ち直して1万8000円台に突入。だが、兜町が沸く「トランプ銘柄」は本当に大丈夫なのか。

 ***

 世紀の番狂わせの直後から、株式市場は活況を呈している。経済部記者によれば、

「トランプが選挙中に掲げた“ドッド=フランク法”の規制撤廃と、“10年で100兆円”規模の公共事業が思惑買いを呼んでいます。

...

記事全文を読む