離脱が劣勢のトランプの追い風に? 米国の移民措置も厳格化 英国EU離脱20の疑問(17)

国際週刊新潮 2016年7月7日号掲載

「EU離脱派」の急先鋒だったボリス・ジョンソン前ロンドン市長(52)の顔と、ドナルド・トランプ(70)のそれ。並べてみれば、特徴的な髪型だけでなく、実に多くのパーツが似通っていることに気付くであろう。

 この2人、考え方も似ている。移民への距離感や、内向き志向の外交スタイルなど、少なからぬ共通点を持っているのだ。

 であるから、今回のイギリス「EU離脱」がトランプに“追い風”となるかに見えるのは当然で、

「トランプの反移民政策は、アメリカ国内では単なる人気取りの域を超え、広い範囲で支持を受けるようになってきました」

...

記事全文を読む