日銀「黒田バズーカ」は弾尽きて「デフレはそんなに悪いのか」

政治週刊新潮 2016年10月6日号掲載

 ついにアベノミクスの失速は白日の下に晒され、かつて号砲を轟かせた「黒田バズーカ」も弾尽きて沈黙を続けるばかり。日銀は異次元緩和の見直しへと追い込まれてしまった。だが、そんな時だからこそ改めて考えてみたい。デフレはそんなに悪いのか――。

 ***

 日本の経済・物価は好転し、デフレではなくなりました――。

 9月21日、日銀が発表したリリースには、何とも誇らしげな、自画自賛の文言が躍っていた。

 他方、この日に都内のオフィスで交わされたのはこんな会話である。

...

記事全文を読む