田中角栄の婚外子が売り歩く形見の硯 自民からの出馬もならず

政治週刊新潮 2016年6月16日号掲載

 留まるところを知らない「田中角栄」ブーム。関連本の出版が相次ぎ、石原慎太郎著『天才』は、今上半期最大のベストセラーとなるほどの売れ行きを見せている。しかし、そんなチャンスに蚊帳の外なのは、長男・田中京氏(64)。懐は、季節外れの木枯らしが吹きっぱなしだという。

 ***

「長男」と言っても、京氏の実母は、神楽坂で長らく芸者を生業としてきた故・辻和子さん。いわゆる婚外子で、田中真紀子元外相とは異母姉弟の間柄だ。

 昨年末以降、京氏が来る参院選で自民党からの出馬を模索していたのは既に報じられている。

...

記事全文を読む