リオ五輪の新体操強化本部長「山崎浩子」が統一教会を脱会するまで

国内 社会

  • ブックマーク

“統一教会を辞めたら、私は殺されるのでしょうか”

「合同結婚式翌年の3月、浩子さんが正式に入籍する直前、彼女がひとりになる『空白の時間』があることが分かった。そこでお姉さんが浩子さんを救出し、私は浩子さんに会うことになりました。統一教会がいかに問題組織であるか説明すると彼女はメモを取っていた。教会に戻って、どう説得されたのか報告するつもりだったんでしょう」(同)

 しかしその翌日、

「浩子さんに会った仲間の牧師によると、彼女は泣いていて、メモを取るのも止めたという。気持ちが揺らぎ始めているのが分かりました。再び私が浩子さんに会い、教祖と信者が性交渉する『血分け教』の無茶苦茶ぶりを説明すると、彼女は号泣。それでも浩子さんは『統一教会を辞めたら、私は殺されるのでしょうか』と怯えていました」

次ページ:「脱会」の決定打となった“勅使河原氏の行動”

前へ 1 2 3 次へ

[2/3ページ]