ムヒカ前大統領来日で注目を集める「反使い捨て消費社会」 「拾い物」「貰い物」で生活する大学教授の幸福度

社会2016年4月28日掲載

■ホセ・ムヒカ前大統領の「胸をうつ言葉」

「世界で一番貧しい大統領」として、日本でも一躍知られるところとなった南米ウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカ氏(80)。先ごろの初来日では、約一週間の滞在中に、東京、大阪をはじめ各地をめぐり、独自のムヒカ哲学を披露。世代をこえて大きなインパクトを与えたその哲学とは――。

“貧しい人とは、豪華な暮らしを保つためだけに働き、次から次へと物を欲しがる人のことを言うのです。貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲しがり、いくらあっても満足しないことです”

...

記事全文を読む