訪日外国人急増で、花見のメッカ「上野」はトラブル続出

社会週刊新潮 2016年4月14日号掲載

 爆買いだけではない。外国人観光客が、来るわ、来るわ。で、今年のお花見会場には、異変が起きていたのである。

 花見のメッカ、上野恩賜公園を訪れてみると、英語と中国語によるアナウンスがスピーカーから流れ、通訳の案内をするボランティアの姿が目に付く。

「中国、インドネシア、香港、台湾からの観光客が多いです。イタリア人の老女が迷子になり、困り果てていたこともありました」

 とは、ボランティア談。さすがに、ブルーシートに坐る酒盛り旅行者の姿はないが、いたるところでアジア系のツアー客が、旗を持ったガイドと歩いている。

...

記事全文を読む